読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第三話 金太郎の正体

荒野の朝は寒い。

朝起きると、テントの結露が凍っていた。

ここは灼熱のインドちゃうんかい!

それもそのはず。

いくらインドといえど、今は冬。

しかも北部の砂漠地帯だ。

がっつり白い息が出る。

しかも、日中は35℃くらいまで、気温が上昇する。

体温調節が辛い。




かじかむ手を擦りながら、出発の準備をする。

出発の為に、荷物諸々をパッキングするのだが、これがなかなかの作業だ。

20kgはあるサドルを乗せ、きつく縛り上げる。

これが甘いと、途中でサドルごと落下し、
『ラクダから落(らく)だ』という事態にもなりかねない。

サドルを縛ると、その上に、エサ、水、布団、荷物を縛り付け、完成となる。




慣れない手つきでパッキングを始めた。

が、ある異変に気付く。





『ん?あれあれ?』





じっと目を凝らして、金太郎を見つめる。

金太郎の様子がおかしいのだ。






『ない、ないぞ。』





あるはずのものがない。






『か、髪が、金太郎の髪がない!!!!!』








そう、金太郎は禿げていた。

それも見事なほどに。





f:id:masahirourabayashi:20170128164345j:plain






おーい、どうした金太郎、何があった!?

地面には見るも無惨に金太郎の髪の毛が散乱している。

何かに襲われたか、いやそんな物音はしなかった。

じゃあ、一体なぜだ。

しばらく、金太郎の様子をうかがう。

すると、金太郎はのそのそと昨日逃げないように縛り付けた木に寄り、全力で首を擦り付けているではないか。

これだ、完全にこれだ。

痒い首を木に擦り付けて、毛が抜けてしまったんだ。

あぁ、なんてことをしてしまったんだ。

僕がラクダのケアを知らないばかりに、金太郎をこんなにもみすぼらしい姿に変貌させてしまったんだ。

ごめんよ、金太郎…




ん?

まてよ、たかが木に擦り付けただけで、禿げるか?

そんなんやったら、全部のラクダがつるっぱげのはずじゃないのか?

そんな疑問を抱えながら歩いていると、

一人のおっちゃんが寄ってきた。










『やあ、ネパール人、どうした、そんな弱った病気のラクダを持って。』



耳を疑う。今なんと言った?

『だから、病気のラクダ持ってなにしてんだ』



おいまて、これはこないだ買ったばかりのラクダだぞ、病気だなんて。

『はっはっは、バカだな、お前そんなラクダ買ってどうするってんだ。』




『いくらで買ったんだ?』

40000円。

『あほやなー、そんなラクダ5000円の価値もないぜ、俺ならタダでもいらねーな。はっはっは。』




話によると、おっちゃんのお父さんはラクダ売りの仕事をしている。

おっちゃんは教師をやってるから、英語が喋れる。

よくよく話を聞くと、金太郎の正体が明らかになってきた。




『お前、こいつはもうすぐ死ぬよ、18歳(人間でいう60歳)くらいやし、何より弱ってる。』

なんやと、俺は12歳(40歳)と聞いたぞ。

『体をみてみろ、こんなに痩せほそって、弱ってる証拠よ。』

確かに、言われてみれば、細すぎる気もする。

『それにな、こいつは皮膚の病気だ。薬を与えないと死ぬぞ。』

なんやと、そこまでの病気かよ。

『どこまで行くつもりだ』

ジャイサルメールまで。

『はっはっは、無理無理。途中で死んじゃうね。』






頭が真っ白になる。

要はこうだ、

・×12歳→○18歳
・肌の病気
・弱っている
・×40000円→5000円以下


よく見てみると、買ったはずの鉄製のサドルも、木製の安いサドルに取り換えられている。

そこで気付く。




『騙された』




病気に加え、高齢の弱ったラクダを、無知なアホ日本人に売りつけた、そういうシナリオだ。

多少は多めに取られていることは覚悟してたが、ここまでとは。

どおりでおかしいと思った。

歩くのもよたよたしてるし、おもいのほか遅い。

人間でいうと、定年退職したお爺ちゃん。

そのお爺ちゃんに、100kg以上の荷物を担がせ、600km歩く。

あぁ、なんてこった、なんて過酷な旅なんや。





でも、僕たちはもう出発してしまったんや。

ここで戻る訳にはいかない。



急いで村の病院に駆け込む。

すると、普通に私服のにーちゃんが出てきて、

『あーね、病気ね、オッケー!』

ほんまそんぐらいフランクに、2本のぶっとい注射針を、金太郎の首筋にぶちこむ。






f:id:masahirourabayashi:20170128164452j:plain




痛みに暴れる金太郎の鳴き声が、虚しく響いた。






病気のお爺ちゃんラクダ。

それが金太郎の正体だった。


大きな絶望と共に、僕たちは歩くしかなかった。

『今日からは金さんって呼ぶね。』









出発前: http://masahirourabayashi.hatenablog.com/entry/2017/01/03/111033

第一話: http://masahirourabayashi.hatenablog.com/entry/2017/01/26/183646

第二話:http://masahirourabayashi.hatenablog.com/entry/2017/01/27/173210