読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終話 旅の終わり

出発して、今日で18日目。

ゴールのジャイサルメールまで35km。

今日が最後の日だ。

早朝5時、気合いを入れてスタートを切った。

眠たい金太郎に今日も鞭を打つ。

もう少し、もう少しで夢にまで見たジャイサルメールに到着する。

今日という日は特別な日。

でも、やることはいつもと変わらない。

ただ、どっしりと前を見据え、ひたすら足を進めるだけだ。

日が昇り、沈んでいく。

それをただ見つめていた。

登り坂を登りきり、太陽が沈みかけたのを見たとき、そこに街が現れた。





「あれがジャイサルメールだ。」






東、太陽が昇るプシュカルから、

西、太陽が沈むジャイサルメールへ。

600km18日間の旅が終わろうとしている。

沈む夕日を眺めながら、この旅を思い返す。




ラクダ旅を思い付いて、ワクワクに満ち溢れたあの日。

ラクダを目の前にして、恐ろしくなって逃げたあの日。

諦めきれなくて、戻ってきたあの日。

クリスマス、街が幸せに包まれているなか、部屋に籠って、踏み出せない自分に泣いたあの日。

友達に、「だせぇぞ」って背中を押してもらったあの日。



不思議と思い出すのは、旅中の辛かったことじゃなくて、出発前、もがいていた自分だった。

出発前、どんな苦しいことが待ってるだろう。

それに耐えれなかったらどうしよう。

その恐怖に怯えてた。

だけど、今思い返すと、一番苦しくてどうしようもなかったのは、自分自身の可能性を踏み潰そうとしていた、出発前のあの時だった。




街はどんどん近付いてくる。

心臓が高鳴る。






「金太郎、金太郎、やったんや、ついに、ついにやったんや!」







金太郎は変わることなく進む。

ゆっくり、でも確かに進む。









気付くと目の前にはジャイサルメールの看板が立っていた。

その瞬間、足が震えた。

押さえても止まらないような震えだった。

それが、この時の喜び全てだった。






「この旅をして何になっただろうか。」






そう考えると、笑えるほど何もない。

ラクダはどう扱うか。

何を食べるか。

野宿はどんなところがいいか。

おそらく、もう一生使うことはないだろう。

何の学びになって、どう成長したか。

それも分からない。

ただ、これだけは言える。




足が震える喜びがあった。





ってこと。

ほんまに、それ以外ない。

そして、それが何よりも満足だった。



何の為に、とか、誰かの為にとか、

楽しいって何とか。

僕はそうやって悩むのが好きな人間なんやけど、

生きるってもっとシンプルだ。

悩むこと、行き詰まること、多分これからたくさんあるだろう。

でも、これから道に迷った時には必ず思いだそう。

「あぁ、僕は、こんな風に足が震えるような喜びを感じる為に生きていたい。」

そうこの旅の終わりに思ったことを。











到着して友達に連絡した。




「生還しました!」





そしたら、




「おかえり」





って返ってきた。

どうやった?とか、おもろかった?とかじゃなく、ただただ「おかえり」って。

あぁ、生きて帰ってよかった。

いや生きて帰るだけでよかったんだなって、幸せに包まれた。

そしたら、旅を支えてくれたみんなの顔が思い浮かんだ。

神じいちゃんとか、ジジイ・テレサとか、道で支えてくれたたくさんの人たち。

「あなたたちの支えがあったから、生きて帰れました。ほんまにありがとう。」












到着して2日後。

金太郎はジャイサルメールの売人に引き取られていった。

金太郎の首を思いっきり撫でて言った。






「ありがとう、ほんまにありがとうな。お前のお陰でゴールできたんや。」






金太郎は何も言わずに、ずっと遠くを見据えていた。



「そうやな、お前にとってゴールなんて無いんやな。」



そう言った後気付く。



「僕もゴールなんてないはずや。」














次の日、僕は別の街まで、電車で移動していた。

窓際で、ボーッと外を眺めていると、木が生い茂っていた。










「あっ、これ金太郎、うまいやつや!めっちゃ生い茂っとる!!」














そう思うと同時に、もう金太郎はいないことに気付く。

あぁ、終わったんやな。






「また、ぼちぼち、歩きだそうかな。」





今度は自分の足で。






































って、終わればかっこええやん。


















バカヤローーーーーーー!!!!!!!!!










そんな格好よくないねん!

最終話、なかなか投稿できひんねーん!

この文章、ほんまは大分前にできとったねん。

このラクダ旅を終えた時に書いてたこと。

これで間違いないねん。

やけどな、やけどな、

今全然ちゃうねん。

終わった時の自分と今の自分のギャップがすごいねん。

見たい?
















見たい?


















































f:id:masahirourabayashi:20170208162525j:plain

これよ。






一日中、ぐだって、

もぬけの殻やねん。

あの時の思いは色褪せていって、

今は進む気力がないねん。

やから、今の気持ちじゃなさすぎて、

投稿するの嫌やったんやけどな。

やけど、区切りの為にも載せる。

今回の旅で気付いた。

ほんまにおもろいことやるのは、マジでしんどい。

それが、これから生きていく先に、永遠につづく。

ビビって、言い訳して、また戻ってきて。

こんな、繰り返しやねん。

果てしないわ、マジで。

でもな、こうして書いてる今も確実に思う事がある。



「もっともっと幸せを感じたい。」




やから、あの時の手応えを頼りに、次に進んでいく。

気持ち作って、次にいくで。

よーし、終わり!!!!!!