読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第九話 最後の関門

「よっしゃー!!!もう少しべっ!!!」






国道には、『ジャイサルメールまで100km』
の文字が掲げられていた。

農場を後にするとき、ジジイ・テレサは僕に5日分の金太郎のエサを授けてくれた。

おかげで、スピードは俄然上がっていた。

残り100km。

長かった500kmの道のりは、もう既に、僕たちの後ろに刻まれていた。

スタートしたばかりのとき、





『無理だ』
『死ぬぞ』





と言われた金太郎は、今日もゆっくりではあるが、確かに一歩一歩、足を進めていた。

理不尽に怒りをぶつけた時もあった。

僕の都合でご飯を食べさせてやれない時もあった。

それでも金太郎は僕についてきてくれた。




「なんて無力なんやろうな。」




これだけの巨体を持ち、僕なんて踏み潰してしまえば一瞬なのに、金太郎はどんな時もついてきてくれた。

ありがとうな、という気持ちと同時に、





「あぁ、僕はどれだけ幸せなんだろう」





そんな気持ちになった。

いつでも、どんな時でも、僕は自由だ。

ラクダのように、ツナを繋がれ、エサを食べる為に生きていることなんてない。

いつだって、自分が何かを思い、動きだせば、エサを食べるよりも、もっと幸せな事を掴む事ができる。

一生、エサを食べる為だけに生きるなんてつまらない。

僕は僕の感じる幸せを掴むために生きていたい。











僕の大好きな本、カモメのジョナサンとアルケミストにも、そんな事かいてあったな、と、パクってる自分に笑う。

なんにせよ、金太郎がいたからここまでこれた。






「最後まで、しっかり導いてやろう。」







そう誓って歩き出した。

今日も厳しい太陽が照りつける。

帽子を目深にかぶり、どっしりと前を見つめていた。

そんな時、何やら前から不審な看板が現れた。



















『TOLL GATE 100m』


















なんやろう、恐る恐る足を進める。

すると、とんでもない光景が目の前に現れた。






























f:id:masahirourabayashi:20170204173714j:plain







































りょ、料金所!?

そう、インドの国道には料金所が存在していたのだ。

今まで出くわした事がないこの事態に驚きを隠しきれない。



「まずいぞ。」



お金は使えない。

もし、料金が発生した場合、引き返して別の道を探す事になる。

いや、それどころやない。

料金所で、万が一不審者扱いされた場合、警察に引き渡され、旅の終了を告げられかねない。

おちつけ。

そう言い聞かせ、目の前の看板に目を通す。

看板にはこう書かれていた。












料金

二輪…0円
四輪…200円
大型…500円















当然ながら、ラクダの料金は書かれていない。

遠くから眺めた様子だと、四輪ゲート、大型ゲートには人影があるが、二輪ゲートはがら空きだ。




「あそこだ、あそこしかない!!」




ラクダもバイクみたいなもんや。

そんなよく分からない理論を掲げ、がら空きの二輪ゲートへ突入する。

抜き足、差し足、忍び足。
身を最小限に縮め、こっそりと二輪ゲートをくぐる。

よし抜けた!!

と思ったその時。


















『おい、ちょっと待て。』


















し、しまった、見つかった。

警備員が近寄ってくる。




『何をしてるんだ。』





















































f:id:masahirourabayashi:20170204175924j:plain








ふぁい?













最大限のトボケ顔で応戦する。







『何をしている!?』

えーと、ジャイサルメールに向かっています。

『一人でか?』

はい。

『ここで待て。』

警備員はそう言い残し、控え室に戻っていった。






お、終わった…

金を取られるに決まっている。

金を払えないというと、警察に告げられるに決まっている。

旅の終わりだ。

そんな絶望に暮れている中、警備員が戻ってきた。

しかも、何人も連れて戻ってきた。





終わった。








警備員が口を開く。

『ジャイサルメールに行くんだな』

はい。

『一人で?』

はい。

『なんの為に?』

挑戦です。

















































『はっはっは!バカだなオメーは!!そんなアホ見たことねーよ!』

はい?

『アホだねー、おもろいやつやな、気を付けて行けよ!』

あ、はい。お、お金は…

『いらねーいらねー、第一ラクダからいくらとればいいかわかんねーよ!はっはっは!』

よ、よかった。

多分僕と話したかっただけなんや。

面倒な事になる前に、ここから離れよう。

金太郎に力一杯鞭をうち、全力でその場を離れた。












いつものように、不安な日暮れがやってくる。

風景は変わり、辺り一面ひとけのない野原が広がる。

そこら中に、ラクダなどの野生動物がうろうろしている。




「ここで野宿は嫌やな。」




そんな不安を抱えていると、タイミング良く一軒の小さな小屋が現れた。




「うぉ、あっこしかない!!」




せめて、小屋の横にテントでも張らせて貰えれば。

そう思い、小屋に突撃した。

「こんばんはー!」























『あー、こんばんみー!!!』




中から現れたのは、愛想のよい、一人のお爺ちゃんだった。



「小屋の横にテントを張らせてほしいんですが。」



『えぇよーん!てか、小屋の中で寝てもえぇよーん!!』




やった、今日も助かった。

お爺ちゃんに小屋に案内してもらう。

中を覗くと、4畳程のスペースに、小さなベッドと、ちょっとした荷物があるだけだった。




『このベッドの横に布団を敷くとえぇよーん!』





お爺ちゃんの夜は早い。

日が暮れて間もない、夜8時。

軽い夕食を済ませ、床につく。




「お爺ちゃんってやっぱり落ち着くなー。」




疲れと安心感で、すぐに意識は遠のいていった。






































異変を感じたのは、真夜中0時頃。




『ガチャッ』




何者かが、部屋に侵入してきたのだ。

4畳程の狭い小屋。

一気に緊迫感が増す。

だ、誰や…

心臓の鼓動は張り裂けそうなほどに高鳴る。

が、何者か分からない。

しばらく寝たふりをして、様子をみる。





『おい、じーさん…』





入って来たのは、若い男。

その男が、声を押し殺し、寝ているお爺ちゃんに声をかける。

すると、寝ていると思ったお爺ちゃんは、意外にも返事を返す。






「おー、おまえか…」






も、もしやグルか。

僕を誘き寄せておいて、寝ている隙に何かを盗みだそうって魂胆か…

薄目を開き、耳に全神経を集中させる。

もし泥棒だとしたら、じーさんの方は片付けられる。足が不自由で、歳も80はいっている。

問題は若い男だ。

いざとなったら。

そんなことを考えていた、その時。












『ガサッ』
















意外や意外、その男は、じーさんの布団に潜り込んだのだ。





ん?どういうことだ?






頭が混乱する。

息子か?一緒に住んでいる同居人か?

分からない。

が、ひとつ解ったのは敵ではないということだ。

まぁいい、朝も早いから眠りにつこう。

そう思い、瞼を閉じた、その時。
























『シコシコシコ………』



























!?!?!?!?!?!?!?!?!?




















なんやこの音は!

静まりかえった一室に不審な音が響く。





『シコシコシコ………』






絶え間なく続く雑音。

体が硬直する。

ま、まさか……………。






そう、そのまさかだったのだ。

次第に荒くなる二人の息づかい。

ま、間違いない!!

僕の疑いは、確信に変わった。

じーさんと若い男は甘い声を囁きあい、…






ーーーーーーーー以下自粛ーーーーーーーー


















まさか、まさかとは思ったが。

てかじーさん、80くらいやで、元気すぎるやろ!!笑

てか、なんで僕を泊めた!?

いや、もしかしたら、次の餌食は僕かもしれない。

不安で眠れない。

聞きたくもない雑音は、全神経を集中させた耳に突き刺さる。

もういやや…













一時間後、一連の仕事を終えた若い男は、スッキリとした顔で出ていった。

出る間際。

若い男は僕の寝顔をまじまじと見つめる。






「ま、まずい。」







全身が強ばる。






「もう、おしまいだ。」







僕の25年間守り抜いてきたものは、今日という悪魔の日によって終わりを告げる。

そう諦めかけていた、その時。














『じゃあな、じーさん。』















男は颯爽と夜の闇へと消えていった。






「助かった…」






なんていっとる場合やない!

もうここから逃げよう。

眠れない夜を過ごし、早朝5時。

逃げるようにして、悪魔の住む小屋を後にした。

















「助かった…」
















まだ夜が明ける気配のない真っ暗闇の中、僕たちはライト片手に逃げるように先を急いだ。
















後ろから不審な人影が近付いてくる事も知らずに…