読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いがけず来た勝負のとき

カザフスタンに入国した。

いやー、寒くなってきたなー、野宿できるかなーとか思いながら入国した。

が...















f:id:masahirourabayashi:20161119154828j:plain






おーまいごっと。












f:id:masahirourabayashi:20161119154913j:plain




おーまいごっと。





おいおい、いくら寒い言うても、いきなり変わりすぎやろ!?

野宿なんていっとる場合やない!!

今まで味わったことのないレベルの寒さ。

これが、カザフスタンさんですか、

なめてました、すいません。






ってことで、命の危険を感じるレベルの寒さなので、急いで宿を探し回った。

しかし...





『ぎゅるぎゅるぎゅる~...』





ま、まずい、

俺のウィークポイントである、腹の弱さがここにきて寒さにやられ始めた。

急いでトイレを探さなければ...

30分くらい探し回っただろうか。

















f:id:masahirourabayashi:20161119162806j:plain



天使のマーク発見!!!!!

誰でもこんな経験をしたことがあるだろう。

そしてこの天使マークを見て俺は天に召されるように、入場ゲートをくぐった。

並みいるカザフスタン人を押し退け、ようやく便器まで辿り着いた。





『勝った...』





人生であとどれくらい、こんな安堵感に包まれることがあるだろうか。

まるでお母さんの腕に包まれているようだ。




んなことを言っている場合じゃない。

便器に腰を下ろすまで安心はできない。

よし、いくぞっ!!

ようやく便器エリアに辿り着いた。



















f:id:masahirourabayashi:20161119160312j:plain



ふぇ!?





お分かり頂けるだろうか。

あるはずのものがない。



『またまた~、カザフスタンさん、ちゃん大きいのする場所に案内してちょーだいよ~』



と心の中でつぶやき、辺りを見渡した。















f:id:masahirourabayashi:20161119160621j:plain






な、ない!!!!!


あるはずのものが、ない!!

いや、絶対になくてはならないものが!!!

う、嘘だろ。

こんなモロだしで用を足せというのか。

何かの間違いだ。

野に放つときだって、人は何かしらの陰に隠れて用を足すだろう。

人間の正常な精神で、こんな用の足し方が許されるわけがない...

恐る恐る、視線を横にずらす。





すると...

いるではないか、便器にまたがり、こちらを向いて、にんまりとした表情で、至福の時を過ごすお爺ちゃんが!

なんだ、この並外れた精神力は。

この世で唯一といってもいい、自分だけの空間のはずが。

お父さんも、お母さんも、先生も、こんな状況をどう切り抜ければいいか教えてくれなかったぞ!!!

そうこうしているうちに、俺のお腹のリミットは、限界に達する。

もう、どうにでもなれっ!!!

一心不乱に便器にしがみつき...


ー以下省略ー





数分後、僕は少しのはにかみと、戦を切り抜けた勇敢な侍のような表情で、周りカザフスタン人を見つめついた。

また、少し僕は成長した。

もっといける、まだまだ攻めれる。

そんな確かな手応えと共にトイレを後にするのであった。






最後に、すいませんでした。