読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めっちゃ恐れてることしても、死にはしない。

聞いてや聞いてや!

今日めっちゃうれしい事があったんよ!



今日な、路上ライブやった!笑




めっちゃ急!笑



なんかな、最近友達のまさとゆうきと話とって、

『楽しいことって楽やないよな』
『覚悟するってことやでな』



って話になった。(普段はこんな話してない、くそみたいな下ネタとかしか話してない。)

ほーほー、

って、俺が避けてること考えてみたんや。

ほしたら、出てきたのがこれっ!





『路上ライブ』







うっわ、まじかよ、無理無理って思った。




そもそも、旅の最初も考えてたんよ。

路上ライブとかやれたらいいよなーって。

だって、なんかめっちゃ楽しそうやん。

おもいっきし歌って、

見ず知らずの、人たちとワッシャーなってさ。

俺の憧れやった。




やけど、マジで想像つかんかった。





俺の声帯は死んでる。

普段から鼻唄歌うのも抵抗ある。

ギターとか弾けん。

大勢の視線が集まると萎縮してしまう。





何一つ俺の頭でイメージつかんかったんよ。

やから、無理無理って思ってた。



けどな、なんか昨日からモヤモヤしてさ、

うっわーめっちゃ逃げとるやん。

考えんようにしとるやん。

って今日の朝、めっちゃ憂鬱な気持ちで起きた。

街歩いても、なんもおもんないし、

何一つ頭に入ってこん。

でもな、こういうときって、

めっちゃ都合よく頭動くんよ。





ギターひけんやん。

歌って何か伝えたいことがあるから歌うんやろ。

ウズベキスタン警察厳しいから捕まるやん

そもそも騒音やん。

迷惑やん。

止めたがいいよ。





って。

やけどな、なんも理由になってない。

ギターとかなくてもできるし、

俺は人が路上ライブしてて、騒音なんて思ったことない。

ただ自分がやらんでいい理由探してるだけ。


うおーい、マジでお前そんなんで旅終えて満足して帰れるんか?

いつになったら覚悟するねん。

やるしかない、もうどうにでもなれって、準備を始めた。























f:id:masahirourabayashi:20161111234502j:plain





これを

























f:id:masahirourabayashi:20161111234501j:plain





こうっ!!






なんやねんこれ、こんなんでライブしとる人おらんやろ。

マジであかん、これはもう本当、恥ずかしすぎて死ぬかもしれんって思った。



やけど、道でギター作ってたら、

『これは何?』

って人が待機し始めた。

うおー、マジでやめて、

大したもんやないから、待つとかやめて。

なんなら誰もいないとこでやりたい。(なんのためにやるねん。笑)

って思ったけど、もうあとには引けん。

うわー、まじどうしたらいいねん。

こんな意味わからんこと初めてや。

人待ってるし、もーう!!

もうどうにでもなってしまえって、

歌い始めた。



『かんとりーろ~ど...

このみーち~...』



初っぱなから声裏がえっとるし、

足震えとるし、

もうこのあと記憶ない。笑




やけどな、一曲終わって気付いたら

50人くらいいた。笑

おっちゃんが笑顔でグーポーズしてくれたり、

お金払うからもう一曲歌えってにーちゃんがいってくれたり。

もー、何これ、めっちゃおもろいやん。

このあともしっかり全力で裏返った美声をウズベキスタンに轟かせた。






ほんでな、終わったあと思ったんよ。

『あー、死なんかったわ』

って。

旅でる前に想像してたときとか、

やる前にイメージしたときとか、

やったら人生終わるくらいの絶望が頭を覆っとったけど、

なんも起こらんかった。笑

死なんかったし、なんなら始まったら恥ずかしくもなかった。


だいたいそうなんやな、って

恐いけど、やりたいこととか、

基本的に死にはしない。

恥ずかしくても、死なんし、恥ずかしいのは初めだけ。

なんだよー、もっと早くやればよかった。

そんなことばっかりなんやろな。

もっと掘ってこ!!

何目指しとるんやろ、俺。笑



最後の曲、ザ・ハイロウズの『夏の朝にキャッチボールを』を気持ちよく歌ってたら、

向かいの店からイカツいにーちゃん二人出てきて、

『うるさい』

って一喝。

とぼとぼと帰りましたとさ。

くそダサい自分を見つけたら、それが自分のやりたいことだ

今日の俺は本当にダサかった。

イランに来て、距離の関係だと思うけど、ヨーロッパからきた旅人と会う機会が増えてきた。

そこで問題が出てきた。

『英語』

これが、マジで聞き取れん。

マジで、早すぎ。

本当、勘弁してってくらい早いし、発音もよー分からんし、知らん単語のオンパレード。



今日泊まった宿は小さな宿で、必然と会話に繋がる。

宿泊者は、チェコ人、オランダ人、スイス人、そして俺。




事件は夜に起きた。

宿には晩御飯がついてて、やけど高いから俺は外で食べることにしたの。

晩御飯から帰ると、後の3人は宿で晩御飯を食べてたらしくて、バルコニーで仲良く話してた。

わいわいガヤガヤ、めっちゃ楽しそう。


んで、俺は何してたかというと...




『スマホポチポチ』




おえっ。

特にすることもないのに、スマホポチポチ。

おえっ。


『今日は疲れたからなー』

『今は話したい気分やないからなー』






『やっぱりヨーロッパ人とアジア人は壁があるよなー』


これ浮かんだ時に、マジでおえってなった。

お、お前なにいうてんねん。

なんしに外国きたねん。

ほんまに、話す気分やないんか?

ほんまに、話したくないんか?

一人で、スマホポチポチしとるほうがいいんか?


いや、違うよな。




『英語が達者じゃないのが恥ずかしい』から

『会話に入れなくて空気乱すのが恐い』から

『会話に入れなくて、変に気を使われるとプライドを傷つけられる』から

『会話に入れなくて、ダサいなって思われたくない』から




恐いから、恐いから、
自分守るために、
くそみたいな屁理屈ならべて、
会話しないでいいように、
びびってる自分に気付かないようにしとるだけやん。

くそダッサ。

マジで、誰よりも仲良くなりたくて、

話したかったのは俺やん。



やれよ、今すぐやれよ。

バルコニーに突撃しろよ。


それでも俺はビビってたから、

とりあえず、風呂入って、上がって、みんな寝てたらしょーがないよな

って思い込もうとしたけど、

上がっても未だ続いてる宴。




もういかんとあかん。

今さら感満載やけど、

もう、どうにでもなれって、

しれーっとバルコニーにいって、会話に突撃した。




あえなく撃沈。笑

マジでなにいっとるかわからんくて、泣きたいくらい分からんかったから、

『はろー、あいむふろむじゃぱん。』

『うーん、じゃぱんさむたいむおーるどぴーぽーだい。』

この2言しか喋れんかった。笑



やけど、ちゃんと自分に正直に動けた。

全力は尽くした。

やから、今日はよくやった。





人間よーできてて、

やりたいけど、恐いってことは、

なるべく気付かないように頭が動いとる。

だってそれに気づいたら、やらんとあかんから。

やけど、楽しく生きるには、

そこをゴリゴリえぐっていかんとあかんのやなって思った。


ちょーダサい自分を見つけたら、それがやりたいことの近くにあるんかもしれん。

よし、とりあえず明日は晩御飯、宿で食べよう。

英語を学ぼう。

『なんとなく』ってめっちゃ大切

俺は、なんか行動するときにうまく言葉にできない時がある。

『なんとなく』って言葉しかでてこないとき。

でも、そんな時にも求めてる欲があって、それが後で分かることがある。

昨日はそんな日やった。



ふとある思いが涌いてきた。








『野宿したい。』








はい?何ですか?もう一回言って下さい。


『はい、野宿がしたいです。』


うーんと、野宿?なんの為に?


『うーん、分かりません、自分でもなんでか分かりません。』


分からない?じゃあおしえてあげましょう、お金をけちりたいからですよね、じゃあその心配はありません、まだもう少し旅するお金はあります。ホテルを探しましょう。


『えーと、お金をけちりたいからなんですかね、うーんわかんないなー。』


だってね、野宿して荷物やお金取られたり、最悪命取られたりしたら、どうするんですか?一晩の節約どころじゃすまないんですよ。それにあなた、テント持ってないでしょ、そんな外から丸見えで寝てたら、いいカモですよ、悪いことはいいません、ホテル行きましょう。


『うーん、それはそうなんだけどなー、分かんないんだけど、野宿したいんですよ、理由は分かんないんですよ。』





もう一人の自分が、もーいい、勝手にしろということで、公園に来ました。

そこで気付いた、めっちゃ恐い。

なんか悪そうなニーチャンが、たむろしてるし、明らかに香ってはいけない匂いするし。

でも、野宿したいって気持ちを大事にしてみたの、公園のすみっちょで、こっそりと夜を明かした。




ほしたらね、朝、閃きと同時に 目覚めた。

『あ、わし、野宿しても大丈夫って安心したかったんや。』

そうなんよ、今までの旅のなかで、移動するときに、ホテルなかったらどうしよ、っていう恐怖心があった。

それが行動範囲を狭めたりしてて、それを克服したかったんだと。

こういう身軽になる瞬間が大好きだ。







何か行動するときって、なんか理由がいる。

理由とか目的とか、ないとあかんきがする。

言葉にできんとあかん気がするし、

言葉にせんと他の人を納得させれんし。

やけど、心には言葉にできんことやってある。

なんとなくしか浮かばんことだってある。

でも、『なんとなく』の裏側には、ちゃんと自分が欲してる欲があって、

後で言葉になる事がある。

それを頼りに動いてみるのもありなんちゃうかなって思った。



朝目覚めたら、寝た時には誰も居なかったはずが、回りに2.3人寝てた。

どうやら本能で最適な野宿スポットを見つけてたみたいや。

恥ずかしいと向き合うこと

なんだか冴えない毎日が続いていた。

その原因はいろいろあるんやけど、その中のひとつの話。

それは、一人の旅人との出会いやった。

『ロシアからずっとヒッチハイクして旅してるんよ。』





うそーん!?
ヤバくない?
まず外国でヒッチハイクとかできんの?
俺もやったけど現地人と一緒にいたときしかやったことないで?
一人とか怖くない?



それが初めに思ったことやった。

そんとき俺は、
『すごいっすねー!』
といいながら、



いや、俺日本でもやったしなー。

お金あるのにヒッチハイクはするべきやない。

ヒッチハイクってしんどいし、やりたいとおもわんのよねー、俺は楽しいと思うことしかやらんって決めたし。




とかって、自分の心を落ち着けてた。

でも、それが引っ掛かってたから、もう一回、なんでヒッチハイクせんか、心に聞いてみた。

したらさ、めっちゃ驚きの答え出てきたんよ。








『恥ずかしいから』







めーっちゃギクッとした。
嘘やん、嘘でしょ。
自分らしく生きるっていいながら、恥ずかしいとか言う理由で行動制限してんにょかよ?

楽しいことしかしないとか、それらしい言葉並べて、恥ずかしいって思いにフタしてんの。

うわ、ダサ、ダサダサダサ!

そっから恥ずかしいって思うこと考えてったら、いろいろ出てきた。


人と話す時も
いや、今話たいと思ってないから

とか
人前で喋るチャンスある時も
いや、今そんな気分やないから。

とか

恥ずかしいって気持ちを見て見ないふりしてた。

うっひょー、おっかなビックリ!

恥ずかしいって思いでやりたいことにフタしてたんよ。

それってつまり、
自分の楽しいに制限かけてるよね。

楽しいことしまくる
ってそりゃやれねーよな。



自分が自分である。
そう決めたんやから、やるしかないよね。

まじでビビりながら、始めた。
うわ、怖っ。

だってさ、
『なんやこいつ、俺金払って車買って、ガソリン買ってるのに、調子こくなよ』
とか
ヒッチハイクで無視されて、周りの人に、『アイツだせー』って思われる
とか
まじ怖かった。

やから、10台くらい
『俺は歩きたくてあるいてんやからねー、ヒッチハイクとかしないもんねー!』
って雰囲気醸し出して、車スルーした。笑

やけど、やけど、なんしに来たんやここっ!

別に目的地にしたとことか行きたくないんや。

勝手に背水の陣。笑

そんで、超ビビりながら親指を掲げた。

すると…





『ブーン』





行っちゃたよ。
なんやこいつって目で見られながら行っちゃたよ。

でもこんとき思った事が衝撃やった。






『キョエー!めーっちゃ楽しいっ!!』






ありえないくらいのエクスタシーに包まれた。

これや、これや、楽しいってこれやねん。

結果を見たら、ヒッチハイクして、失敗した。

でも、それ以上大切なものを形にできた。

『自分が正しいと思う事を表現できた』

賛否両論あるけど、俺は正しいと思った事を表現したんや。

批判は知らん。

共感できんならそれでええ。

これが自分らしくあるっつーことか!!



その後も戦いは続いたが、共感してくれる人が現れ、無事に目的地にたどり着いた。

恥さらしついでに、車内でリクエストされた日本の歌を大熱唱した。

セットリスト
1.上を向いて歩こう(坂本九)
2.リンダリンダ(ザ・ブルーハーツ)
3.踊るポンポコリン(誰か知らん)



長々と書いたけど、強く思ったのは

恥ずかしいってめっちゃ強敵やけど、これにフタしたらいけん、ちゃんと恥ずかしいって思ってるって受け止めんといけん。だって自分らしくあるって事にめっちゃ関係してるから。

あとは、
恥ずかしいに勝った後、めっちゃ気持ちいいって事。(結果はどうでもいい)
恥ずかしいの近くにめっちゃ楽しいがあるんかもしれん。

明日からもまたちゃんと向き合えるか分からんから、この投稿しようか迷ったけど、俺への戒めとして、書きましたとさ。
ほんとに小さな事から、恥ずかしいを克服していきたいな。
新しい宿に来て、ビール買って来た。普通やったら、別に冷さんくてもいっかーってそのままにしてるけど
『冷蔵庫貸してください』
って言えた。
そんぐらい小さなこと、休み休み挑戦しよ。

お金

お、お金ー!!
ってことがあった!

ギリシャはアテネに来ました。

といっても飛行機の乗り継ぎの為、一日だけふらついた今日。

ギリシャといえば、そうあれ!
『パルテノン神殿』
震える手で入場料を払って入ったんだけど、それは本題やないから割愛。笑
(めっちゃよかった、てかアテネめっちゃいい。)

はー、とりあえずアテネの代名詞も見たことやし、なにしよーなーってふらふらしてたら、なにやら気になる音が。

『パラパラパラパ~ン。』

オルガンのスティックで叩くバージョンの奴だ。

めっちゃきれいな音、今まで聴いたことない、透き通ったというか、透明というか。
とにかく惹かれる音。

足を止めたはいいけど、そこで戸惑い始めた。

そう足を止めたのは、あれ。




『路上アーティスト』




ってやつ。

俺日本でこれに出くわすのが苦手やった。

だって、『値段はあなたに任せます!』ってめっちゃ困るやんって思ってた。

え?だってタダでもええんでしょ?なんか払ったら損した気分なるやん。
他の人めっちゃ払っとるけど、俺そんな金ないで。
うわーめっちゃ困るわー、でも見てみたいなーって気持ちで、日本ではいっつも遠くからこっそりタダ見してた。
汚ねっ!笑

でもね、今日は違ったのよ!

今日のおっちゃんの演奏はそれをぶち壊してきた。

なんかそばに行って聞かんと後悔するようなきがして、意を決してそばで聴き始めた。

『パラパラパラパ~ン。』

心の底から気持ちよかった。
ここで、ある思いが激しく浮かんできた。





『あぁ、お金払いたい。』






え、えー!?!?!?
まじっすか、何いってるんですか?
あの、あれだけドケチ、観光にもろくに金払わないあなたが何言ってるんですか?
旅の残金もろくにないあなたがそんなことしてる場合じゃないでしょうが!!
やめなやめな、絶対止めな!!!

そんな心の声が聞こえてきた。

もちろん迷った。
払うお金で、抜いた昼飯が食えるやんとか頭を過った。

けど、俺の手はお金を握っていた。
200円。
物凄くしょぼい額だけど、これが出せたのは人生初めてだ。

そのおっちゃんの演奏技術が凄まじいわけじゃない。
おっちゃんと仲良くなった訳じゃない、むしろ2言しか言葉を交わしていない。

だけど、なんか惹かれるものがあった。

払ったあと、俺の心は幸せで満たされていた。

あぁー、お金ってこういう使い方するんや。

いいと思った物にお金払うって、当たり前やけど、できてなかったなー。

これから先、働いてお金をもらって過ごす事になるだろう。
その時も、今回俺が出したような『重みのあるお金』を受けとれるようになりたいな。




俺が一世一代の200円を出したあと、通りすがりの、にーちゃんが、まるでついでのように500円を出し、通りすぎて行った。

額じゃないよな。
額じゃない。
と、自分に言い聞かせ、アテネを後にするのであった。